2016年に筑波大附属中学合格を目指して国語の勉強をしている多くの保護者が中学受験に注目し、わが子も質の高い教育を受ける事ができる私立中学へ、また国公立中高一貫教育校へ!と考えています。日本では黙っていても中学までは義務教育ですから、そのまま地域の公立中学に進学できるのですが、そうではなく私立中学などの受験へ挑むのはどうしてなのでしょう。それは、公立中学と違う魅力あふれる学校が多いからです。

公立中学では国の教育方針、指導要領にそって授業を進めていく事が必須です。1年生では1年生の、3年生では3年生の学習カリキュラムがあり、それ以上の学習はしません。たとえ覚えの早いお子さんでもっと先の教育が可能だなと思っても、公立中学ではその先に進むことなく、他の公立中学同様、足並みそろえた教育を行っているのです。

私立中学は違います。独自のカリキュラムで指導していくため、公立中学よりも学習スピードが速く、私立中学で学ぶお子さんたちも、中学受験によって合格した学力レベルを持っているため、その学習スピードに対応し勉強を進めていきます。先取り教育が行われているため、もし、エスカレーター式進学ではなく、別の高校に行くとしても、高い学力がついていますし、中学3年時にはすでに中学の教育カリキュラムが修了しているため、受験勉強に没頭できるのです。

こうした教育の大きな違い、さらに施設の充実、スポーツへの意識、学校行事の素晴らしさなど魅力あふれる学校生活などを理解し、中学受験を目指しています。ただ、保護者があまりに必死になることで、ふと落とし穴にはまってしまう事も考えられます。

中学受験という厳しい試練に立ち向かうため、保護者もお子さんも落とし穴に落ちないよう、中学受験に向けて行っていくべきこと、理解していくべきことを当サイトにまとめました。中学受験という大きな壁を登るご家庭の力に慣れたら幸いです。