公立中学と私立中学の教育の中でもっとも違いが出るのが学習スピードです。公立中学の場合、国の指導の下、指導要領に基づいた学習が各学年、単元で進められていくため、小学校1年生から6年生の最後の学期までその時点での学習が行われます。

私立中学では独自の教育方針の中で指導カリキュラムが組まれています。どの学校も学習スピードが公立中学よりも早く、公立中学の3年で習う勉強は、すでに中学校2年までに修了しているという所も少なくありません。つまり、公立中学では中学3年時、3年のカリキュラムをこなしながら受験勉強が必要なところ、私立中学では中学3年時、すでにカリキュラムは終了しているため、受験勉強だけに集中できるという事になります。

効率よいカリキュラムが組まれているということが私立中学の利点でもあります。そのかわり、学習のスピードが速いため、ある程度の学力を持っていないと置いていかれます。私立中学側では学習スピードについていけるだけの学力があるかどうか、学校が欲しいと思う人材かどうかを知るために学力テストを行うわけです。

志望校を高く設定する事は悪い事ではありません。でも、奥さんの学力を見誤るとお子さんが学校の中で付いていく事ができず、楽しく学校に通う事も出来なくなりますし、精神的にも大きな負担となります。