中学受験に魅力を感じ、ぜひうちの子も質の高い教育が受けられる学校へと考えるのも無理はありません。私立中学や国公立の中高一貫教育校は、それなりのレベルを持っていますし、有名大学への進学率も高いです。そこに魅力を感じるのもわかりますが、まず、お子さんが中学受験を実施する学校に向いているのかどうかを理解することが大切です。

中学受験という難関をクリアするためには学力を向上させることが必須となりますので、お友達と競争する事が好き、人に負けたくないという気持ちが強いお子さんの方が向いていると言えます。受験もそうですが、合格し入学を果たしてからが勝負です。競争精神の強いお子さんが多数いる中、人と競争する事が苦手というお子さんは、精神的に辛い思いをする可能性もあります。

また色々なことに興味をもち、知りたいと思う気持ちが強いお子さんが中学受験に向いています。知的好奇心があるお子さんは何事にも興味を示し、知る事が楽しくて仕方ない性格なので、知らないことをもっともっと知りたいと勉強にも意欲を燃やします。もちろん中学に入ってから周りのお子さんから刺激を受け成長していくお子さんもいますので、お子さんの性格をよく理解し、本当にお子さんにあった中学選びをしていきましょう。