保護者の中には中学受験のための塾に通わせればもう安心と思ってしまう人も少なくありません。確かに中学受験に特化した指導をしてくれる塾ですから、お子さんにある程度の学力があり、中学受験を目指していることを少しでも理解してくれていれば、安心と思ってしまう気持ちもわかります。

しかしそこが落とし穴になりかねません。中学受験というのは、お子さんと一緒に家族全員がかかわって協力しなければ達成できることではないのです。

高校受験はすでに義務化しているといわれているくらいほとんどの生徒が受けており、高校進学率も非常に高くなっています。また大学についても、ほとんどの学校で当たり前のように大学進学を勧めてきますし、就職組は自分で探すようにといわれることも少なくありません。

高校受験も大学受験も受験する人数が非常に多くなっているという現代です。それに比べて中学受験はまた首都圏、関西圏で多くなっていますが、地方に行くとほとんど聞くことがない受験です。親、家族が受験に積極的にかかわり、情報を集め、なにが必要でどんなことをしていけばいいのか、家族でサポートする事が必須なのです。

塾の選択、家での過ごし方、精神面でのサポート、学力へのかかわりはできないとしても、こうした家族のサポートあっての中学受験であると考えておかないと、思わぬ落とし穴に落ちる事もあります。