中学受験実施校の中には超難関中学とか御三家と呼ばれる学校が存在しています。こうした難関校、御三家と呼ばれる私立中学等は、受験で出題される問題が非常に難しいという事が知られていますが、これら有名私立中学以外でも、中学受験実施校の入試は難易度が高いと考えておかなければなりません。

小学校6年生が解く問題ですから、小学校レベルの問題が出されると思っていたら大間違いで、私立中学など特に難関校と呼ばれる学校では、小学校レベル以上の学力が求められます。小学校の授業で習っているものとは全く別次元と考えておくことが重要です。そのため、難関校受験に合格するためには、進学塾などで行う特殊な授業が欠かせないといわれるのです。

中学受験を目指す保護者の中には、早くから受験という事を考え、小学校低学年から受験を見据えた勉強準備を始めています。こうした保護者は、中学受験の難易度が高いという事、また成績がいい子供でも合格する事が難しいことを理解しているからです。

小学校高学年から中学受験を考えるご家庭もあるかと思いますが、レベルの高さをまず知り、高学年になってからの2年間で、お子さんに何がしてあげられるのか、またお子さんはどのように勉強する事が大切なのかを理解し、効率よく勉強していく事が重要なのです。