勉強しなさい、そんなことじゃ私立中学合格なんて無理よ!なんてどんなに保護者が口を酸っぱくして子供を叱っても、私立中学に入る意味が分からない、どうしてチャレンジしなければいけないのか理解できていないお子さんは、勉強しようと思いません。

小学校高学年、また4年生くらいから中学受験を考えはじめ準備のために塾に通わせたり、自宅学習の教材を利用したりし始めると、お子さんは今までの生活ペースとは全く違う生活を「強いられます」。いきなり今までしてこなかった自学をしろ、進学塾へ行けと言われても、お子さんにとってはどうして?しかないのかもしれません。

余りにも口うるさく勉強しろと言っている間に、お子さんはドンドン勉強嫌いになってしまいます。中学受験を目指す理由を理解しているとしても、進学塾の成績が悪く落ち込み、スピード学習についていけるわけもなくイライラしっぱなしというお子さんも出てきます。中学受験では勉強を強制してもやらない子はやりません。やる気を引き出す、例えばオープンスクールに行く、体験授業に行くなど、志望する学校はこういう所なのよと伝えることでやる気を引き出すなど、勉強嫌いにしない工夫をすることも忘れないようにしましょう。