中学受験には費用がかかるという事はみなさんご存知でしょう。公立中学とは違い義務教育の学校に行くわけではありません。中学では授業料など費用がかかります。また中学受験についても費用がかかります。塾に通う費用、交通費、その他夕食時間に塾に通うため、お弁当などの費用も掛かります。

小学校6年生になって科目数にもよりますが、週3回塾に通えば100万コースです。それでも、合格できるという保証もなく、学力によっては行きたいと思う学校の受験を断念し、他の学校を受けることもあり、またその学校にも受かる保証はありません。

受験についてもかなりの時間がかかり、塾などの費用も掛かる、それでも合格できるかどうかわからない、とても難しい受験です。一般的に志望校に合格するのは3人のうち1人くらいという狭き門です。

何かなければ合格できるよといわれる成績のお子さんでも、本番で何があるかわかりません。また思春期に入る不安定な年代の受験となりますので、精神状態の不安定さから思わぬ結果となる事もあります。難関中学だけれど、何年もかけて勉強してきたのだからきっと大丈夫、と思う事は出来ないのが中学受験なのです。

受かる受からないという結果は重要ですが、お子さんに大きな負担を与え行う中学受験でも合格できないかもしれないことを考えておかなければなりません。