中学受験を目指して進学塾に通っているお子さん、また進学塾にいっていなくても進学塾の夏季講習や冬季講習、模試などを利用しているお子さんは多いです。特に模試は、中学受験の志望校選定の際に指針となりますし、どのレベルにいてどの科目に力を入れていかなくてはならないかなどを考える要素ともなります。

模試では模試を受けた結果、つまり偏差値が出てきます。親世代が学生の頃には、この偏差値こそ志望校選定の全てといわれるくらい重要視されていましたが、現在は模試が全てと言い切れいないところが出てきています。

現在行われている模試の結果、偏差値は以前と違い合否ラインを見極めにくくなっています。その幅が非常に広くなっているからです。数回の模試を受けそのすべてで、志望校の合格圏内の成績だったとしても合格できないということも起こっています。そのため、最近は偏差値が合格圏内になくても志望校を設定し受験するというお子さんも多くなっているのです。

なぜこういう事が起こるのかというと、偏差値だけの問題ではなく、模試と中学受験実施校の出題がかみ合っていないという現実があるからです。模試は特定の志望校に合わせたテストではなく、各学校の出題を平均的にまとめて出題しています。そのため、志望校によっては偏差値が全く意味のないものとなる可能性があります。

現代の偏差値事情をよく理解していないと、志望校選定もうまくできないことにつながります。やはり中学受験も「情報」が大きなポイントとなります。