大人が何かの試験を受ける時、問題に対する一つの解答を応えればいいという事なら問題なく解けるでしょう。でも、その解答に至った理由を記述しなさいという時、文章の書き方、書き方によって相手にどう伝わるのかを考慮しながら記述しなければなりませんから、かなり時間をかけて解くことになりそうです。

難関校、御三家と呼ばれる学校では最近計算問題なども多く出題される傾向にありますが、やはり記述式の難しい応用問題が多いという事は変わりありません。模試でも記述問題を多く出題し、子供たちが問題に慣れていけるように配慮していますが、志望校によって出題される記述問題の難易度、個性などがあり、なかなか難しい問題となっています。

個性ある問題の中にはびっくりするくらい抽象的で、どう答えを出していいのか迷うような問題も多いので、やはり、志望校の出題傾向をいち早くつかみ、志望校に沿った学習を進めていくという事が中学受験合格の秘訣となりそうです。

個性的な問題を出題しがちな中学の場合、模試があてにならないという事もあるので、志望校の選定を早く行い、お子さんに負担にならないように受験対策を練ることが大切です。保護者は志望校の出題傾向をつかむことがサポートとなります。