中学受験もいよいよ間近になってくると、保護者はお子さんに勉強の落ちがないかどうか気になって、色々な事をしようとしてしまいます。保護者からすればいい事、ためになる事、と感じても、受験間近になってしてはいけないことをしてしまう場合もあります。

例えばお子さんが進学塾に通い追い込み学習を必死に行っている時、よい問題集があるからと購入し、自学の時間に役立てようとする保護者も多いです。でもこれはお子さんを混乱させる要因となります。追い込み時期という事は多くのお子さんが志望校を決定し、塾ではその志望校に沿った宿題などを出しているはずです。そこに塾とは違うテキストなどを購入してやらせても、それが志望校の出題傾向にあった物なのかどうかもわかりません。

それよりも中学受験間近になって出来ることは、とにかく塾の宿題をしっかり解くこと、塾で指導された内容にわからないことがあれば講師にどんどん聞くこと、自学の時間には過去問を繰り返し行う事が重要です。塾で以前解いた問題を現在解いてみる、解けない問題はそのままにせず、必ず自分のものとしておく、新しい問題集を解くよりもこの時期こそ、繰り返しの反復学習をしっかり行い、受験に向けて自信をつけていく事が望まれるのです。