追い込み時期、中学受験を間近に控えお子さんだって焦っています。気が小さいお子さんは、いくら勉強しても不安で仕方なく、夜遅くまでがっつり勉強しようとします。教科書や参考書、塾のテキストを常に持ち歩いていないと不安、夜遅くまで時間をかけて勉強していないと、合格できないと思ってしまうなど、精神的に一番辛い時期です。

お子さんには夜しっかり眠って決まった時間勉強すれば十分なのだという事、長い時間だらだらと勉強するよりも、集中力が途切れない時間帯で勉強を終え休憩する、睡眠を取るという事がいかに大切かを知らせておくべきです。

保護者の中には夜12時前に寝た?そんなんじゃ合格なんてできるわけないじゃない?という人がいます。これは大きな間違い、すでに落とし穴に落ちています。高校生や大学生でも、睡眠時間が短くなると集中力が切れやすくなり、脳が疲労した状態が継続し、普段解けるような問題も解けなかったり、判断力にかけるようになります。

中学受験にチャレンジするのは小学生です。体力も気力も大人よりずっと少なく、睡眠時間を確保する事は、受験勉強と同じくらい大切です。勉強のし過ぎはただ披露するだけで、効率よく集中力をもって勉強し、睡眠時間をしっかり取る事が重要だという事を大人が理解し、お子さんの生活リズムをしっかり整えていきましょう。