模試や塾の単元ごとのテストの結果、「え?こんなところを間違えていた?簡単な計算問題なのに」とケアレスミスを見つけることがあります。こうしたミスをなくすことが重要です。簡単と思える問題でも、集中して解く、簡単な問題だからこそ絶対に落とさない気持ちを持って取り組むことが大事です。

難しい記述式の問題でも、間違えたところ、ケアレスミスをしたとお子さんが感じることはとても大切なことです。ここでどうして間違えたんだろう?と考える事ができるからです。問題を再度見直し、自分でここが原因だったとつかめたら次の模試では同じような間違いをしないようにと気を付けますし、自分の弱点がわかるのですから、模試の段階でケアレスミスをなくすように学習していきましょう。

記述問題が不得意、算数の計算を早く解くことが難しいなど、お子さんによって弱点が違います。徹底して問題を読み正しい解答を落ち着いて導き出す事ができるお子さんもいれば、時間がないと焦り同じ間違いを何度も繰り返すお子さんもいます。

正しい解答が出来るお子さんは奢りがケアレスミスの元となりますし、何度も同じ間違いを起こす子は落ち着いて考える気持ちを持つことが重要です。問題を甘くみず、また難しい問題も鼻から難しいと思い込まない、素直な気持ちで問題にまっすぐ取り組んでいけるように、普段の勉強からしっかり鍛錬していきましょう。