中学受験のために行われるテストには居つくかの種類があります。大手進学塾が行う模試や実力テスト、また塾内で行われる単元ごとのテストや週ごと、月ごとのテスト、こうしたテストを繰り返し行っていく事で、中学受験の模擬体験となりますし、実力をつけていく元ともなります。また志望校決定にも大きくかかわってくるのがテストです。

塾ではテスト慣れするという意味、また今週指導した内容がしっかり頭の中に入っているかどうかを確認するために、週末ごとにテストを行うという塾が多いです。1週間という間に指導された内容についてのテストなので、お子さんによっては非常に高い成績を取る子もいます。でもこれが、模試や実力テストに結びつくかというとそういったこともなく、実力テストなどになると一気に成績を下げてしまうお子さんもいるのです。

なぜかというと、実力テストには範囲がなく、週のテストには範囲があるからです。週のテストはその週に教わった問題が出題されます。範囲がわかっているので応用も何もなく、その週に教わったことについて解けばいいので、いい成績を取る事もできます。実力テストは範囲が広く、今まで教わってきたことを応用して解くことが必要となるため、実力テストや模試の結果が悪いという事は、イコール、本当の知識として身についていない証拠なのです。

週テストの結果よりも模試や実力テストなど範囲がないテストの結果を見てお子さんの学力レベルを理解することが大切です。