中学受験の合格圏内に達するように、保護者はいい塾に行かせる、また自宅学習などもしっかり行わせ後悔がないようにと頑張ります。しかしお子さんを思うあまりに、お母さんが先生、講師のようになってしまい、お子さんのやる気を阻害してしまう事もあります。

子供が自分で何かをしようとする時、お母さんが思ったようにできないと管理したがったり、お子さんの横にべったりついて始終口を出しながら勉強を見ている、成績を見てはこの成績では合格できないとかこういう勉強をしているか?努力が足らないなど指導しようとする、こういう事をしている先生のような保護者は、お子さんの士気を落とすだけです。

お子さんを信じられないから常に一緒にくっついていないと勉強しないと思うし、自分が何もかもしてあげないとお子さんが何もできないと思っているなど、保護者が口を出し過ぎるのは問題です。優秀な保護者はお子さんをうまくコントロールする術を持っていますし、近くにいても安心させるためで、見守る力をしっかり持っています。

お母さんの不安を子供に押し付けていないでしょうか。お母さんが不安だから何でもついつい管理しようとしていないでしょうか。それは保護者のエゴです。自分の不安を子供に押し付けず、我慢して、見守るということもお子さんの勉強への士気を高める要素です。