どうしてうちの子は満点が取れないのかしら、この1点に泣くのよ?隙があるから100点が取れないのよ、なんていう保護者がいますが、お子さんはきっと、だったらお母さんがやってみろよと思っているでしょう。それほど、中学受験は難しいですし、中学受験の模試などで高い成績を取るのは大変なのです。

中学受験の学力テストの内容は、100点が取れないように構成されています。小学生にとって非常に難しい出題の中で、どのくらいの点数が取れるのか、という所を見ているので、中学受験を実施する学校も、100点など望んでいません。模試は志望校に合格できるかどうかを見るためにとても重要なテストですが、その中でも100点を取るということは難しく、講師や問題作成者は、間違ってくれることでその先の実力が向上する事を願っています。

お子さんに完ぺきを求めるのは間違いです。大人でもだれでも、人間は100%完璧な人間などいません。特に小学生という年代で受ける中学受験ですから、本番で思わぬ間違いをしてしまう事もあります。模試で悪い点数を取ってくることだってあるでしょう。そこを突き詰めてお子さんを攻めても全く意味がありません。

お子さんの成績をもっと上げるために叱咤激励するという保護者も多いのですが、「無理強い」はお子さんを委縮させるだけで、いい結果は望めません。