中学受験実施校が学力テストを受ける現代のお子さんに求めている力というと、思考力や想像力などといわれます。もう一つ、肝心な力があります。それは判断力です。実は現代のお子さんは、自ら判断を下し責任ある行動を取るという事が特に苦手で、自分で考え自分の考えに責任をもって行動するということができないお子さんが多いのです。

こういうお子さんは何かする時必ず「お母さんどうすればいい?」と聞きます。自立心が養われていないのです。ここには保護者が「手を出し過ぎている」という背景があります。確かに小学生が目指す中学受験ですから、保護者がサポートしなければならないことがたくさんあります。塾の送迎、受験の情報集め、食事の事、生活リズムの付け方などです。

でもそれ以上手を出していないでしょうか。人から意見を求められたとき、ぼくはこう思う、ええ?私はこういう風に思うよ?と、自分の意見をもって口に出す事ができない子が多すぎるのです。中学受験実施校の多くが、主体性のある子、創造性を持ちながらも論理的な行動がとれる子、視野の広い子などです。いずれも、保護者が口を出し過ぎ、面倒を見すぎていては養えない力です。

お子さんのためにと思う事が落とし穴に片足を突っ込んでいる状態かもしれません。保護者も、今一度、自分の行動を考えてみるべきです。