地域によって近くに進学塾がないという所もありますが、中学受験に成功するためには、中学受験のノウハウを持った大手進学塾に行くことが近道といわれています。もちろん個別指導塾でも家庭教師でもお子さんがやる気になり、家庭がしっかりサポートすれば、合格できないという事はありません。ただ色々な情報が手に入り、出題傾向をつかんだ指導が得意な進学塾に行くことは、中学受験を目指すお子さんたちにとって安心材料となります。

塾に通う時、保護者が一番悩むのは何かというと、どの塾に通わせたらいいのかという事です。でもその前に、もっと考えなければならないことがあります。それは、お子さんの性格です。

消極的で、気が弱く引っ込み思案、初対面に弱いお子さんを大手進学塾、しかも集団指導の塾に通わせたら?いよいよ萎縮し勉強嫌いになってしまう可能性があります。それよりも個別指導塾や家庭教師など気持ちが優しいお子さんでも、安心して勉強できる環境を作り、模試や夏季講習などを利用して集団に慣れさせていくという方がいいでしょう。

積極性があり負けん気が強いお子さんは、逆に、周りがみんなライバルという状況に置くと成績を伸ばす傾向にあります。集団指導に向いているお子さんです。この様に、お子さんの性格によって良くも悪くもなるのが塾選びです。有名だから、合格率がいいからという理由だけで塾を選ぶと保護者の意思とは全く違う方向に進んでいく事もアイリストあります。何が大切なのかを見落とさないことが重要です。