最近大手進学塾でも、中学受験を見据えたうえで、低学年のコースを準備しています。低学年からしっかり学習する癖をつけ、基礎学力を自分のものにする教育です。中学受験では応用問題などの難しい問題を解くようになると、基礎学力が重要だという事がわかります。基礎学力があるからこそ、難しい問題も自分でどう解くか考える事ができるのだと痛感するのです。

進学塾に通わなくても毎日自宅で勉強させる時間をしっかり設け、勉強する事は当然なんだという環境を作っておくと、基礎学力向上にもつながりますし、勉強を億劫と感じる子供になりません。高学年になってからいきなり今日から何時間自学しなさいねっていっても、するわけがないのです。もうすでに友達と共有する時間がありますし、自分だけどうして勉強しなくちゃいけないのか?と疑問になるだけです。

中学受験を目指すお子さんもそうではないお子さんも、勉強する時間を常に持っているという事は、強みとなります。社会人になってからも資格取得など、自宅で学習しなければならないシチュエーションはたくさんあります。低学年から積み重ね、継続的な学習を行うという事は、中学受験以外の事にも大いに役立つのです。

まだ小学校1年「だから」「まだ」3年生だからという事ではなく、なるべく低い年齢で勉強する時間の大切を理解させていきましょう。